中東に広がる魅惑の景色!ヨルダンにある世界遺産5ヶ所まとめ

更新日:

ヨルダンは人口およそ9,710,752人ほどで、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接している国です。

中東の要となる重要な国家であるヨルダンは、最近ではその情勢や、難民問題で日本でも非常によく名前を聞くようになりましたね。

そんなヨルダンですが、土地としては非常に古く長い歴史を有しており、およそ50万年も前の旧石器時代から、人が生活を営んでいたということがわかっているんです!

なにかと注目されている中東ヨルダン王国にも、眼を見張るような素晴らしい世界遺産が存在しています。

現在ヨルダンには、世界文化遺産4ヶ所と唯一の世界複合遺産が認められています。

それではこれから皆さんにヨルダンにある4ヶ所の世界文化遺産をご紹介させていただきます!

 

ヨルダンにある素晴らしい世界文化遺産4ヶ所とは?

古代ローマ帝国時代から、イスラームの時代など、様々な文化を得てきたヨルダンには魅力的な世界文化遺産が存在しています。

特に、芸術性が高く美しい都市遺跡や、そこに見られる壁画などのアートが本当に素晴らしいもので、世界的にも有名なのですよ。

現在、中東ヨルダンには4ヶ所の世界文化遺産が存在しています!

これから、そんなヨルダンにある世界文化遺産4ヶ所についてみなさまにご紹介させていただきますね。

それでは、さっそく、中東ヨルダンにある世界文化遺産4ヶ所をいっしょに見て行きましょう!

 

1.ペトラ

ペトラは、塩分濃度が高すぎて魚も生きることが出来ない死海と、アカバ湾の間にある渓谷に存在している遺跡です。

ギリシャ語で「崖」という意味があり、世界8番目の不思議や、岩の芸術などと賞賛されているヨルダンが誇る遺跡です!

巨大な岩の裂け目であるシークの中を歩いたり出来て、他では味わえない神秘的な体験ができますよ。

2,000年以上前の太古の昔に、この大地にやってきたナバテア一族の人々が、偉大にそびえている超巨大な断崖を大都市へと変貌させたのがペトラです。

エル・ハズネなどの美しい建造物や、シークなど、ペトラ遺跡の中には本当に神秘的で感動的な光景を見ることが出来ます。

そんなペトラ遺跡は、1986年に世界文化遺産に登録されました。

 

2.アムラ城

アムラ城は、661年から750年にかけて栄えたウマイヤ朝の貴重な遺跡です。

かつての浴場施設が中心となった遺跡で、1958年に世界文化遺産に登録されました。

石造りの素朴な建物に、ドーム型をした屋根が付いているのが特徴的な外観をしており、内部にはサウナや井戸などの施設があります。

また、壁画や天体図などが描かれていたりと、とても遺産としての方が高いお城としても知られています。

ヨルダンの首都であるアンマンから、東の方へとおよそ80キロメートルほど行った場所にあります。昔から、人々にとって入浴は素晴らしい娯楽だったのですね。

 

3.ウム・アル=ラサス

ウム・アル=ラサスは、ローマ帝国に占領されていた時代からイスラム教の王朝が支配した時代の、3世紀末から9世紀に都市が存在していたと考えられているヨルダンの遺跡です。

また、ウム・アルラサスが形成され始めた最初のうちは、ローマ軍の軍事基地であったともわかっています。

モザイク模様の美しい床や、長い歴史の貴重な文化的背景などが評価されて、2004年に世界文化遺産となりました。

 

4.洗礼の地「ヨルダン川の向こう側、ベタニア」(アル=マグタス)

洗礼の地「ヨルダン川の向こう側、ベタニア」(アル=マグタス)は、別名キャストロ・メファとも呼ばれる場所です!

首都であるアンマンから南方へと向かったところに位置しており、古代ローマ帝国時代に支配されて軍事拠点として使われましたが、のちに都市へと発展して行きました。

ローマ帝国時代から、ビザンチンの時代、それに9世紀ごろのイスラーム時代の初期に渡る歴史的建造物の遺跡が残されており、非常に価値高い場所なのです!

まだまだその遺跡は発掘途中ですが、これからも目が離せない注目の世界遺産です。

 

ヨルダンにある貴重な唯一の世界複合遺産とは?

ヨルダンには現在、とても雄大で、そして偉大な世界複合遺産がひとつ存在しています。

中東の雄大な景色を満喫できるだけではなく、ヨルダンの歴史を読み解くうえで重要な役割も果たす世界複合遺産。

そんなヨルダンの世界複合遺産とは、果たしてどのようなものなのでしょうか?

これから、みなさんにヨルダンに存在している唯一の世界複合遺産のご紹介をさせていただきたいと思います。

では早速、いっしょにヨルダンにある貴重な唯一の世界複合遺産について見て行きましょう♪

 

1.ワディ・ラム保護地域

ワディ・ラム保護地域は、別名「月の谷」としても知られる雄大な大地です。

南部のアカバ県の県都であるアカバより、さらに東に約60kmほど行くとたどり着くことが出来ます。

総面積はおよそ720km2で標高は1,750 mのところに位置しています!

ヨルダンの誇る自然保護区で、非常に険しく偉大な岩などが数多く存在しており、世界中のロッククライマーなどから愛されています。

また、歴史的にも素晴らしく、先史時代からこの大地でさまざまな文化や営みが行われてきたんですよ!

このように、自然としても素晴らしく、数多くの歴史も有して居るワディ・ラムの谷は、ヨルダンの誇る世界複合遺産として2011年に登録されました。

 

ヨルダンにある世界遺産5ヶ所まとめ

皆様、お疲れ様でした!楽しんでいただけましたでしょうか。

今回は、中東の要の国であるヨルダンの世界遺産5ヶ所をご紹介させていただきました。

いまやめまぐるしく情勢変化をしたり、なにかと争い事の絶えない国でなかなか足を運ぶのは難しいと思います。

しかし、いまはそのようなヨルダンにも、とても美しく素晴らしい世界遺産があるんだということを知っていただければ、幸いです!

 

スポンサーリンク

-ヨルダン世界遺産, 世界の世界遺産

Copyright© 感動する絶景!世界の世界遺産30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.